NPO法人 事件

NPO法人 事件

最近、NPO法人にまつわる事件が多いように思います。
先日も、少女を何十人にも売春させたNPO法人の関係者が逮捕されています。
この事件で逮捕された経営者は、印象が良いからNOP法人という肩書を使ったと言う供述をしていました。

 

施術で乳児死亡 NPO理事長逮捕

大阪市淀川区で昨年6月、「免疫力を高める」としてマッサージのような施術を受けた生後4か月の男児(神戸市)が死亡した事件がありました。
大阪府警は4日、施術を行った新潟県上越市のNPO法人理事長の57歳の女を逮捕しました。

この法人は「子育て支援ひろばキッズスタディオン」で、容疑者は乳幼児の首をひねったり頭を後ろにそらせたりする施術を「ズンズン運動」などとして行っていました。
上越市の自宅兼本部のほか、東京都と淀川区の両事務所などで6000人以上に施術したと言われています。

容疑者は昨年6月2日、淀川区の事務所で、呼吸困難にさせる危険性を認識しながら男児に背筋矯正などの施術を行い、その後8日に死亡させた疑いがもたれています。

容疑者は大阪府警の任意聴取に「施術と死亡の因果関係は分からない」と説明しています。
しかし、男児の死亡以前にも施術を受けた乳幼児数人が意識を失ったり体調が悪くなったりして病院に運ばれていたこともわかっており、大阪府警は容疑者に危険性の認識があったと判断したのです。

 

NPO法人の裏の顔

イメージと現実が違うことは、珍しい事ではありません。
事実のみで判断することが必要でしょう。
イメージさえよければ、騙される人もいるのが現実です。
気を付けましょう。

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。土日祝日の調査もご相談下さい。出来る限り対応します。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*