ドローン 愛好家

撮影機能付き無人飛行機 ドローン

長野県警は23日、撮影機能付き無人飛行機「ドローン」の本格運用を始めるそうです。
このドローンで事件・事故現場の見取り図作りなどに活用するためと言うことで、県警の交通鑑識担当の警部補が開発したといいます。

開発した警部補は無線操縦ヘリ愛好家です。
インターネットなどで独学して試作し、試験飛行を重ねて、県内の業者に製作を依頼したといいます。
風に流されてバッテリーを浪費するのが難点で完成まで2年以上かかったそうです。

 

ドローン偵察機 開発

開発されたドローンは高さ約60センチ、幅約90センチ、重さ約6キロの大きさです。
最高時速約80キロで半径2キロを約15分間、飛行できるものだといいます。
自動飛行するため、リモコン操作は不要という画期的なドローン。
県警関係者は「これで犯人を逃がさない」と豪語しているそうです。

 

無人偵察機 監視対策

ドローンが盗聴や盗撮、嫌がらせ行為に利用されない事を望みます。

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。土日祝日の調査もご相談下さい。出来る限り対応します。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*