大阪 安全 電磁波

大阪 安全 電磁波

大阪ミナミの南海難波駅近くの繁華街で不発弾が見つかったというニュースがありました。
この不発弾の9日午前に撤去作業がおこなわれました。
作業中は半径300メートルの区域を中心に立ち入り禁止になった。南海難波駅発着の電車も一時運休したそうです。
この爆弾は約70年前の大阪空襲の際に米軍が投下したものとみられています。

 

安全を確保!電磁波 攻撃

大阪市によると、見付かった不発弾は米国製の1トン爆弾で、長さ1・8メートル、直径60センチの物であるそうです。今年の3月に大阪市浪速区日本橋西1丁目の共同住宅の新築工事現場で見つかりました。

陸上自衛隊桂駐屯地から派遣された不発弾処理隊が9日午前8時ごろから撤去ををはじめ、午前9時20分ごろに起爆装置の信管を除去する作業が完了しました。午前9時36分に避難や交通規制が解除されたといいます。

この周辺では、大阪市が住民約2200人に避難を呼びかけ、近くの二つの小学校に最大計114人が避難していました。道路も規制していました。

南海難波駅の南口も閉鎖され、難波駅発着の南海線や高野線も一時運休となっていましたが、午前10時ごろに再開しました。計167本が運休し、約4万8千人に影響が出ました。隣接する商業施設「なんばパークス」と、駅に直結する「なんばCITY南館」も午後からの営業となりました。「繁華街で見つかるのは極めて珍しい」と言うことです。

 

嫌がらせ 監視 盗聴 盗撮 電磁波

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。土日祝日の調査もご相談下さい。出来る限り対応します。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 

コメント投稿は締め切りました。