遊び半分 嫌がらせ

遊び半分 嫌がらせ 電磁波

遊び半分で、嫌がらせや暴行を行うことが許されていいのでしょうか。
許されるべきではありません。
誰もが納得できるような証拠を持って主張していくべきです。

 

遊び半分 暴行 少女死亡 愛媛県

昨年8月愛媛県伊予市の市営住宅で、松山市の当時17歳の無職の少女が集団暴行を受けて死亡した事件がありました。
この事件で、傷害致死罪に問われた伊予市の17歳の無職少年2人の裁判員裁判の判決が5日、松山地裁で行われました。

裁判長は1人に懲役5年以上8年6月以下(求刑・懲役5年以上10年以下)、
もう1人は懲役3年以上5年以下(求刑・懲役4年以上6年以下)
の不定期刑をそれぞれに言い渡しました。

判決では、
2人は市営住宅に住んでいた37歳の無職女ら6人と共謀し、
昨年8月13日夜から翌14日夕にかけ、この女の家で少女に頭や腹を殴るなどの暴行を加えて死亡させたそうです。

裁判長は判決で
「遊び感覚で暴行しており、動機に酌むべき余地はない」と述べています。

 

ストーカー 監視 盗聴 盗撮 嫌がらせ対策 電磁波

遊び感覚であったとしても、人に不快感を与えることはトラブルになります。証拠を持ってハンゲキしましょう。
アンバサダー調査事務へご相談ください。

岡山 倉敷 津山 探偵 興信所

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。土日祝日の調査もご相談下さい。出来る限り対応します。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 

コメント投稿は締め切りました。