防犯カメラの管理 責任

防犯カメラ管理 真実

大阪府警北堺署が、窃盗容疑で無関係の44歳の男性会社員を誤認逮捕した問題。
この問題で起訴を取り消された男性が国と府に計約1180万円の国家賠償を求めた訴訟がありました。
判決で、大阪地裁は15日、警察と検察の捜査の違法性を認め、府の賠償額を約620万円としました。
うち約290万円は国と連帯して支払うよう命じています。

 

誤認逮捕 人格 侵害

判決は、警察官が取り調べで、男性の人格を侵害する違法な発言をしたことも認めているようです。

判決によると、男性は、堺市のガソリンスタンドで、盗んだガソリンカードを使って給油したとして、
北堺署にカードとガソリンについての窃盗容疑で2度逮捕され、
大阪地検堺支部からガソリン窃盗の罪で起訴されました。

しかし、アリバイがあることを弁護人が指摘し、釈放されました。
地検堺支部は起訴を取り消し、大阪地裁堺支部が公訴棄却を決定し、この男性は府警、地検から謝罪を受けました。
その後、犯行を認めた別の男が起訴され、実刑が確定しています。

証拠とされたガソリンスタンドの防犯カメラの画像と、
来店履歴管理システムの記録には、時間のそごがあったという指摘もありました。
検察官が起訴前に必要な捜査をしていれば、男性の犯人性が否定された可能性が相当高いと述べています。

府警についても、防犯カメラの時刻補正など、通常要求される捜査をせずに逮捕、勾留したとして賠償責任を認めたようです。

 

ストーカー 監視 盗聴 盗撮 嫌がらせ対策 電磁波

防犯カメラの時間の精査は、大変重要ですね。
時間が違っていたら、意味がありません・・・
さまざまな事件や事故の証拠として扱われる防犯カメラ。
この管理は設置者に委ねられるものです。管理責任を理解し、トラブルを防止することが必要です。

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。土日祝日の調査もご相談下さい。出来る限り対応します。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 

岡山県 探偵 興信所 岡山市 倉敷市 津山市

コメント投稿は締め切りました。