電気泥棒

電気泥棒

日本でも以前は、マンションや雑居ビルなどで電気泥棒の問題があったと言うのは聞いたことがあります。もしかすると、古い建物ではどこにつながっているのかはっきりしない電気の配線が今も使われているかもしれませんね。これが盗聴や盗撮などの思わぬ被害につながっている可能性も考えられます。調査が必要ですね。

 

電気 勝手に自宅へ配線

無断で自宅に通電させ電気を使用していたとして61歳の男が逮捕されました。
2日午後0時半ごろ、電気を盗んだ疑いで、いわき市、無職の男が逮捕されました。
警察や東北電力によると、この容疑者は電気代を滞納していたことから電気を止められていたようです。
しかし、自宅前に設置された電力量計の配線を自分でつなぎ直して電気を使っていたようです。
東北電力は「感電の恐れがあるため、配線の接続は専門的な知識がなければ危険」と話しています。

この男の逮捕容疑は、1月下旬から、東北電力に無断で電気配線を接続して通電状態にし電気48キロワットを盗んだ疑いです。価格としては1138円ということです。
1月下旬に行った定期検針で事件が発覚し、2月上旬に被害届を提出したということです。

 

電気と被害

盗聴器や盗撮器の有無を心配している人はたくさんいます。
定期的に調査をご依頼くださる方も多く、一度盗聴や盗撮の被害を経験したからは、後から起こる二次被害の恐ろしさを身を持って体験された方も多いのです。
永久電源を取れるような盗聴器も販売されており、見付からなけれは長期に渡り情報を外部に発信することが出来る物もあります。
受信機さえ揃えれば、だれでも盗聴が出来ます。

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。土日祝日の調査もご相談下さい。出来る限り対応します。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*