監視 ドローン

無人探査機 監視

どこに居ても監視される被害でお困りの方には、不安を助長させてしまうかもしれない無人探査機。これから日本においても活躍するようになります。ドローンの技術は軍事活用だけではなく、一般社会にも広がりを見せています。

 

不法投棄を空から監視 「ドローン」導入

茨城県が不法投棄対策に導入するのは無人探査機ドローンです。
これは、茨城県内で多発する不法投棄の対策に役立てようという目的で、今月から「ドローン」と呼ばれる小型の無人飛行機を導入すると言います。
環境省によると、10トン以上の不法投棄件数が茨城県は平成23~25年度3年連続全国ワースト1位でした。
今後も東京オリンピックなどの大型事業に伴う再開発により、さらなる不法投棄の増加が見込まれると予想されてます。
ドローンに搭載したカメラで上空からの監視を行います。
先月30日には、県庁前広場で関係者によるデモンストレーションが行われました。

茨城県が導入したドローンは、全長35センチ、重さ約1・2キロです。
操作する場所から700メートル離れた場所まで最長25分間飛行可能で、
カメラの映像はスマートフォンなどでリアルタイムで確認できるそうです。
ドローンは塀に囲まれた場所も上空から監視することができます。

 

盗聴 盗撮 電磁波 被害

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。土日祝日の調査もご相談下さい。出来る限り対応します。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*