FC トラブル

FC トラブル

コンビニエンスストア大手、ファミリーマート加盟店の元オーナーの46歳の男性が、一方的にフランチャイズ契約を切られたことに関して訴訟を起こしたそうです。
ファミマに対し契約解除の無効確認や損害賠償を求める訴訟を起こすこの男性側によると、
ファミマ社員による経理上の不正処理を男性が見つけ、責任追及したことが契約解除の背景にあるのだとか。
不正が背景に隠されているようです。

 

フランチャイズ トラブル

ファミリーマートの不正処理をしていたのは、平成26年5月まで東京都多摩地区で加盟店の指導にあたっていたスーパーバイザー担当の男性社員でした。

問題になっている内容は、不正を行っていたスーパーバイザーの社員が担当する加盟店の「クオカード」でした。
在庫だったギフト券「クオカード」を持ち出して、帳簿上は別の加盟店の在庫に移すなどして不正にクオカードを取得していたと言います。損害分は加盟店側の「営業雑費」として計上されており、店側に負担させていたのです。

このスーパーバイザーの社員の不正に気づいた加盟店オーナーの指摘で、ファミマが調査を実施しました。
この社員による不正処理で、6店には計55万9千円の被害が出ていたことが明らかになったのです。

ファミマは店側に弁済しましたが、男性が経営する店以外の被害状況については説明していないという中途半端な結果になりました。
男性は「不正を全加盟店に説明し、過去にさかのぼって経済的実損を与えていないかを調査すべきだ」などと訴えています。

また、ファミマ側は26年11月、男性が売り上げの一部を本部に送金しなかったことなどを理由に、FC契約解除を通告し、男性が経営していた4店のうち1店を閉鎖し直営店にしたといいます。しかし、工事費など一部を男性が負担しているためこのことについても争われています。

フランチャイズ 問題

不正が行われないようなシステムを構築しているはずのフランチャイズですが、
なかには、システムの隙間を不正に操る者も出てきます。

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。土日祝日の調査もご相談下さい。出来る限り対応します。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*