ガスライティング

ガスライティング対策

ガスライティング(gaslighting)と言う言葉をご存知ですか?

ガスライティング 集団ストーカー被害 アンバサダー調査事務所 電磁波測定調査課
ガスライティング

集団ストーカーの被害とガスライティングの被害はよく混同されます。同じように扱われることがありますが、細かく分析すると実際は違います。ガスライティングは大変巧妙な嫌がらせで、ターゲット自身が気付くことは難しいでしょう。また、気付いたら早急に対応することが望まれます。

ガスライティングの事例によってはトラップがたいへん複雑かつ巧妙化されていることも多く、現状調査分析が必要になってきます。
アンバサダー調査事務所へご依頼いただいた方の中にも、自分に起こっていることが「集団ストーカー」であるのか、または「ガスライティング」であるのかよく分からないとご依頼いただくことがあります。

そこで、まずはじめに、現状を調べることをお勧めしています。
自分の身に何が起こっているのかを調べることは大変重要です。
現状を把握することがガスライティングを辞めさせる第一歩です。自分に何が起きているのかを知ることからはじめましょう。巧妙なガスライティングですが、諦めずに対策を行いましょう。
アンバサダー調査事務所に現状調査をご依頼ください。

お問い合わせダイヤルはコチラ

 ガスライティングとは

ガスライティング
ガスライティング

ガスライティングとは、イングリッド・バーグマンの映画「ガス灯」(1944)から来ていると言われています。

この演劇では、シャルル・ボアイエが演じる夫が妻にガスライティングを行うのです。「妻がおかしくなった」と本人や周囲に思わせるように様々な小細工を行います。そして、その小細工に気付いた妻が指摘をすると夫は否定します。これを繰り返し繰り返し行うことで、自分自身を失っていくようになるのです。

 

身近な人から行われる ガスライティング被害

ガスライティング
ガスライティング

ガスライティングとは、現実感覚を失わせようとする心理的な虐待です。夫婦間だけではなく、親子間、精神科の患者とスタッフ間でも行われることがあります。また、職場や近隣住人から行われることもあり、巧妙な工作で分かりにくい事もあります。
ガスライティングを続けられると自分自身に現実に起こっていることと幻の区別がつかなくなることから、精神疾患を患っていると周囲に認識されるようになります。
精神が壊れるように仕向けられることで、破滅自殺へと進んでしまうこともあり、たいへん恐ろしいガスライティング効果です。

ヒアリング依頼はコチラから

一方、集団ストーカーの被害は、不特定多数の人物から行われる被害です。ガスライティングは、夫婦や家族など身近な人物による策略であることが多いことから、ここに違いがあると考えられます。
しかし、集団ストーカーのケースも様々で、手の込んだ集団ストーカーの行為の一つとしてガスライティングが使われていることもあります。
ガスライティングが長期に及ぶと、現実と操作されている世界の混同が始まります。大変危険な状態に陥ります。
早期対策が必要でしょう。
ガスライティング対策は、アンバサダー調査事務所に、現状調査をご依頼ください。

ガスライティングの調査依頼はコチラから

 

自滅に導くガスライティング

ガスライティングは、対象者を自滅に導き、社会的な立場を奪うために行われます。人格を否定し、正常な判断が出来ないと本人及び周囲に認識させるのです。社会からはじくことが目的とされています。集団ストーカーの目的にもこれらは当てはまることがあります。

ガスライティングが行われるには、加害者側のメリットが考えられます。
① 加害者が善人を装うことが出来る。
② 対象者を思うようにコントロールできる。
③ 対象者を精神疾患だと周知させることが出来る。
④ 大勢で行うことにより、ばれにくい。
ガスライティングの目的は、このように精神疾患扱いすることでターゲットを自滅させることが考えられます。仕組まれていると考えるべきでしょう。
周囲が「精神疾患を患っている人の言うことなんて信用できない・・・」など
「精神病患者」に追い込むことで社会から隔離させられることもあります。
また、リストラを行う際にガスライティングで自滅に導いたり、近隣住人の嫌がらせで行われることもあります。組織立った手の込んだことも行われています。

ガスライティングの相談対策依頼はコチラ

50代の主婦・・・全てではありませんが音に反応するように仕組まれたのだと思います。特に水の音でした。水の滴る音に不安を感じさせられ、外出できない状態になっていました。仕事も出来ず、ただただ不安な毎日でした。

20代の女性・・・彼の呪縛にかかっているようでした。家出したこともあり、家族とは疎遠になっていましたが友達とも会わないようになりました。初めは心配して連絡をくれた友人もいなくなってしまいました。

30代の男性・・・30以上年上の夫婦と養子縁組をしてから自分が壊れてい行ったのだと思います。家から出ることなく、社会性が奪われていきました。就職をすることも出来ず将来が全く見えないのです。

ガスライティングは、「オカシイ」と気が付くことが重要です。あまりに深みにはまると自分自身を疑うようになることもあります。

お電話でのお問い合わせはコチラ

ガスライティング対策
ガスライティング対策
ガスライティング対策

ガスライティングは、第三者には分かりにくい被害です。自殺に導くなど、完全犯罪の手法でも使われうことから被害を立証すること自体が難しい事もあります。
しかし、ガスライティングに屈してはいけません。
事実かどうかをしっかりと確かめることが重要なのです。事実を見極めることを辞めてはいけません。相手の思う壺になってしまいます。アンバサダー調査事務では、調査を基に事実確認のお手伝いをしています。今すぐご依頼ください。

盗聴や盗撮の偽装工作を行われることもあります。

電磁波測定調査 盗撮器発見調査 盗聴器発見調査のご依頼は、アンバサダー調査事務所 電磁波調査課までご依頼ください。土日祝日の調査もご相談ください。出来る限り対応させて頂きます。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

お電話でのお問い合わせはコチラから