GPS

GPS 位置システム

子供の管理にGPS機能が付いた携帯電話を使っている親もいます。
去年起こった岡山県倉敷市の少女誘拐事件でも、被害者少女にはGPS機能の付いた携帯電話が持たされていました。
しかし、居場所が分かることから犯人は捨ててしまったのですが・・・
GPSは、人がそこにいることを知らせてくれる機能ではありません。
そこにGPS器があることを教えてくれるものなのです。
夫や妻の浮気を疑った時にも使われることがあるようですが、証拠としては使えません。

 

GPS 問題 愛知

愛知県警が無断で自家用車に全地球測位システム(GPS)端末を取り付け、プライバシーを侵害されたとして訴訟が起きています。
21歳の名古屋市守山区の男性が愛知県に対して約140万円の賠償を求めたものです。

訴状によると、原告の21歳の男性は、自宅マンションの駐車場に止めていた乗用車の底に、磁石とともにGPSの端末が取り付けられているのに気づきました。
GPS端末は、約1週間前に確認した際には取り付けられていなかったそうです。
相談を受けた弁護士が愛知県弁護士会を通じて警備会社に照会すると、県警がGPS端末を借り受けていたことがわかったそうです。

原告側は、車の動きを監視する捜査は違法だと主張しています。
約1週間にわたって行動を監視され、プライバシーを侵害されたことの慰謝料を支払うよう求めたのです。

県警によると、スマートフォン窃盗事件を捜査する過程でこの車が浮上したので、GPS端末を使用したそうです。

 

GPS 確認

この事件、原告の男性はなぜGPSが車両についていないか定期的に確認していたのでしょう。
そこに、疑問を感じます。
GPSの有無を疑うような、何らかの素行があるから警戒していたのではないでしょうか。
盗聴器や盗撮カメラの有無も疑った生活をしていたのかもしれません。

 

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*