電磁波 被害

電磁波 被害

目に見えるものを可視光線と呼び、見えない物としては、紫外線や赤外線があります。
目に見るものだけが全ては無い事は、誰もがご存知でしょう。
見えるものばかりに意識を取られると、思いもよらない被害に気が付くのが遅れてしまうこともあります。
震災から4年がたちました。
目に見えない放射性物資による汚染も恐ろしいですね。

 

前夜に被害者にらむ 淡路島 5人刺殺

兵庫県の南に位置する観光で有名な淡路島。ここで5人もの住人が殺害されました。
この刺殺事件で、殺害された62歳の平野浩之さんが事件の前日に、40歳の平野達彦容疑者ににらまれたと家族に話していたこと分かりました。
警察は、この時の出来事が事件と関係あるかどうか詳しく調べています。
第三次が起こる前日の8日、夕方浩之さんが庭に出たところ、屋外でたばこを吸っていた平野容疑者と目が合い、じっとにらまれたそうです。浩之さんは夕食時、この出来事を家族に話したのです。
平野容疑者のものとみられるツイッターなどには、浩之さんや82歳の平野毅さんら被害者家族について
「電磁波犯罪を行っている」「人類の敵」などと中傷する書き込みがあったようです。
被害者らの実名や住所も勝手に公開しており、容疑者が一方的に被害者への憎悪を募らせていた可能性があると言います。

 

事件の真相 電磁波

この事件の真相は、まだ明らかになっていません。ネットへの書き込みが全てではないのでしょうが、容疑者本人の書き込みであれば、事件との何らかの関係性を持つ内容かもしれません。

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。土日祝日の調査もご相談下さい。出来る限り対応します。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*