ひき逃げ 逃走 監視

ひき逃げ 逃走

交通事故の中でも悪質なひき逃げは許せる行為ではありません。
事故を起こして怖くなって逃げた!では済まされないのです。
すぐに対処していれば助けることが出来たかもしれなかった・・・
また、真実に目を背け、止まることなく引きづると言う何とも恐ろしい事件を起こす人もいます。
この様な悪質な事件を起こした犯人を、早急に逮捕できるシステムに監視カメラや防犯カメラは役立っているのです。

 

大阪 警官 ひき逃げ逃亡

大阪市浪速区で12日、交通違反の取り締まり中の警察官が軽ワゴン車にひかれて死亡した事件がおこりました。
この事件では、軽ワゴン車はナンバーを付け替えて逃走していた疑いがあることが分かりました。
軽ワゴン車とみられる車は発見された際、事件時と異なるナンバーだったというのです。
大阪府警は運転していた男らが付け替えた可能性が高いとみて調べています。

この事件で亡くなった大阪府警浪速署地域課の50歳の警部=巡査部長から2階級特進=をはねた黄色の軽ワゴン車とみられる車両は、13日に大阪市平野区の駐車場で乗り捨てられているのが見つかりました。
軽ワゴン車はレンタカーで「堺」ナンバーでしたが、発見された車にはレンタカーでない「なにわ」ナンバーのプレートが付けられていたといいます。府警はこの車を押収し、車体などを詳しく調べる方針です。

軽ワゴン車には20代と30代の男2人が乗っており、防犯カメラの映像などから2人は事件を起こした後、別の男と合流して3人で他の車に乗り換えて逃走した疑いがあるそうです。

軽ワゴン車は今月上旬、堺市内のレンタカー会社から自動車修理会社に貸し出されていました。
修理会社から男性客に代車としてまた貸しされた可能性もあるそうです。
レンタカー会社によると、修理会社には12日夜、男性客とされる人物から「友人に貸していたが、車が動かなくなった」と電話があったといい、この男性客と連絡が取れなくなっているようです。
大阪府警は何らかの事情を知っているとみて行方を捜査しています。

 

行方 監視 つきまとい

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。土日祝日の調査もご相談下さい。出来る限り対応します。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*