大学入試の不公平 不正 大阪トラブル

入試の不公平 不正 大阪トラブル

不公平が当然のような世の中ですが、入試においても公平さが疑われているようです。
この問題は、学校の質の低下を更に助長するようなものでしょう。
選ばれる学校であるため、学生をいかにして囲い込むかで大学自体に入る金が大きく違ってくることは明らかです。
高級ブランドのスカーフを送るなどの問題も以前ニュースになっていましたが、
氷山の一角なのかもしれません。

 

大阪 入試前に大半「合格」不透明 吹田

「関西大学〇一高校」(大阪府吹田市)が今春の入試で、試験日の1カ月前に中学側と「受験相談」と称する事実上の入学者選抜を行いました。
中学での成績に基づき大半の合格者を内定した結果、内定者より79点も高い点数を試験で取ったのに不合格とされた受験生がいたことが明らかになりました。
「受験相談」の存在や結果は大半の受験生に知らされていなかったようです。
大阪府は入試の選抜方法が不透明だとして同校を指導しました。
試験の前に生徒を早めに確保するこうした仕組みは全国の私立高校に広がっています。

関大一高がホームページなどで公表した今春の募集概要では、
入試は筆記試験が国語、社会、数学、理科、英語各100点の計500点。
そして内申点で音楽、美術、保健体育、技術・家庭各20点の計80点を加えた580点満点の試験で合否を決めるとあります。
「中学3年間の活動実績なども考慮する」としているが、「受験相談」については一切記載していないのです。

しかし、複数の関係者や学校の内部資料では、今年2月10日の筆記試験の約1カ月前、少なくとも数十校の中学の進路担当者が「受験相談」として決められた期日に関大一高を訪問し、受験生の内申点や中学でのテストの点数を開示し、学校側ははそれを基に個々人の合否の見通しを中学側に伝えていたようです。
ただし、多くの中学は「筆記試験まで勉強を続けさせる」などの理由で、受験生には受験相談の存在やその結果を明確に伝えなかったといいます。

学校側の説明者向けの内部資料には「中学側に『受験相談でマル(内定)をもらえば確約ですか』と聞かれれば『筆記試験でよほどのことがない限り不合格になりません』と言ってください」などと記されていたようです。

 

いじめ 監視 盗聴 盗撮 嫌がらせ対策 電磁波

物事を複雑にしすぎていますね。
シンプルに考えると弊害が起こるのでしょうか。
日本の子どもの学力の低下は、このような複雑なシステムとも関係しているのかもしれません。

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。
土日祝日の調査もご相談下さい。
出来る限り対応します。
近隣ご近所トラブルやマンショントラブルのご相談も増えています。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 

岡山県 探偵 興信所 岡山市 倉敷市 津山市

コメント投稿は締め切りました。