市販薬の副作用

市販薬の副作用

消費者庁が、処方箋なしで買うことができる市販薬について注意を呼び掛けています。
風邪薬などの一般用医薬品で、死亡例を含む副作用が1,200件以上報告されていると言うのです。
医師の処方なく手軽に薬局で購入できる市販薬を利用している方も多いともいますが、気を付けたほうがよさそうです。

 

薬 副作用 幻聴 幻覚

消費者庁は、生活に身近な市販薬の副作用をめぐるデータを発表しました。

2014年10月までの約5年間で、市販薬による副作用で発熱や皮膚のただれなどの症状が出た人は1,225人、
うち15人が死亡していたというのです。

副作用の内訳で一番多かったのは総合感冒薬の400件。
次に、解熱鎮痛消炎剤279件。
漢方製剤134件などです。

副作用のうち、症状の重いものの1つが、「スティーブンス・ジョンソン症候群」と言うのもで、唇は腫れ上がり、赤くなっている。
38度以上の高熱、のどの痛みや皮膚の異常などの初期症状に始まり、こうした症状が続いたり、急激に悪化し、場合によっては死亡することもあるそうです。
原因と考えられる医薬品の服用後、2週間以内に発症する場合が多く、1カ月以上たってから起こることもある。

自己判断は危険が伴うと言うことですね。

トラブル 盗聴 盗撮 電磁波

思考盗聴や音声送信被害に遭っている方は、ささやきに注意しましょう。自己判断を鈍らせることがあります。

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。土日祝日の調査もご相談下さい。出来る限り対応します。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*