電磁波 トラブル 四国

電磁波 トラブル 四国

電磁波でお困りの方は、アンバサダー調査事務所へご相談下さい。
アンバサダー調査事務所では、電磁波による嫌がらせなどのご相談が寄せられています。
盗聴や盗撮の調査もご依頼ください。
調査事務所ならではのアプローチで、問題解決に向けて取り組みましょう。

 

伊方原発 3号機 愛媛

原子力規制委員会は20日の定例会で、愛媛県にある四国電力伊方原発3号機について、安全対策が新規制基準に適合しているという事実上の合格証「審査書案」を了承しました。

東京電力福島第1原発事故を教訓に安全対策を強化した新基準に基づく審査合格は、九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県)や関西電力高浜原発3、4号機(福井県)に次ぎ3例目です。

四国電力は、2013年7月の新基準施行と同時に伊方3号機の安全審査を申請しました。
伊方3号機は、事故時の前線本部「緊急時対策所」が、同時に申請された原発の中では唯一完成しており、審査が最も早く進むとみられていたが、原発北側の「中央構造線断層帯」について、規制委が地震の揺れの評価をやり直すよう求めて、「基準地震動」を570ガル(ガルは加速度の単位)から650ガルに、最大の津波高「基準津波」を約4メートルから8.12メートルに引き上げました。
緊急時対策所の耐震性が不足し、対策所の新設などが必要になったことから審査が長期化したようです。

四国電力が運転する四国唯一の原発です。
愛媛県の伊方町にあり、九州に向かって細長く伸びる佐田岬半島の瀬戸内海側にあります。
全3基とも加圧水型軽水炉で、東京電力福島第1原発(沸騰水型)とは違うタイプです。
3号機(出力89万キロワット)は1994年に運転開始しており、3基の中で最も新しく、2010年からウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料を使ったプルサーマル発電を実施していました。

 

ストーカー 監視 盗聴 盗撮 嫌がらせ対策

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。土日祝日の調査もご相談下さい。出来る限り対応します。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 

 

岡山県 探偵 興信所 岡山市 倉敷市 津山市

コメント投稿は締め切りました。