今更問題 親子トラブル

今更問題 親子トラブル

浮気、不倫、愛人問題でお困りの方は、岡山アンバサダー調査事務所へご相談下さい。自宅に盗聴器が仕掛けられたり盗撮などが行われているケースもあります。浮気や不倫など裏切り行為は、恨みや妬みにも発展しやすい問題です。アンバサダー調査事務所へご相談下さい。

 

未だに起こる民法の再婚禁止規定は違憲問題

「民法の規定に阻まれ、結婚ができず、生まれた子どもの戸籍も取れない」、こうした悩みを抱えた交際中の20代の男女が15日、民法の規定は憲法に違反するとして、国に損害賠償を求める裁判を起こしました。まだ、この問題に苦しむ子供がいるのかと思う大人も多いのではないでしょうか。

「子どもも生まれてるんで、何でってショックでした」(婚姻届が受理されなかった女性)

静岡県に住む20代の男女。2人の間には生後5か月となる息子がいますが、息子には戸籍がありません。

「子どももかわいそうだけど、見ている自分たち、親もつらい。早く戸籍を作ってあげたい」(婚姻届が受理されなかった男性)

なぜ戸籍が作れないのでしょうか。そこには“法律の壁”がありました。おととし交際を始めた2人。しかし、その時、女性には別居中の夫がいました。

「ひたすら向こう(前夫)に離婚してと言ってました。向こう(前夫)は返事もない」(婚姻届が受理されなかった女性)

女性の離婚が成立しないまま、2人は一緒に暮らし始め、今年5月、息子が誕生しましたそうです。
この無責任な行動がその後の問題に繋がるとは考えないのでしょう。

女性と夫の離婚が成立。晴れて夫婦になろうと、婚姻届を出すため、役所に向かうと、

「『結婚できません』とひと言、ズバッと言われた。息子もできて、結婚もしたいのにできないし、何でかわからなかったです」(婚姻届が受理されなかった男性)

「女性は離婚後6か月間、再婚を禁止する」との民法の規定。さらに民法には、「女性が婚姻中に妊娠した子は戸籍上の夫の子」との規定があり、「出生届を出せば息子は前の夫の戸籍に入る」と告げられたのです。

「(息子は)元の旦那の名字になると言われて、それでは自分は納得いかないし、自分の息子なのに」(婚姻届が受理されなかった男性)

こうした民法の規定は、子どもの父親を推定する際の争いを避けるため、明治時代に定められたもの。
明治から変わっていないことも問題ですが、無知もいけないのではないでしょうか。

 

監視 盗聴 盗撮 嫌がらせ対策 電磁波 内部告発

こういった問題は、色恋でもめなければ通常は起こりません。
重婚しようとしたから起こる問題ではないでしょうか。
物事には順番があります。

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。
土日祝日の調査もご相談下さい。
出来る限り対応します。
近隣ご近所トラブルやマンショントラブルのご相談も増えています。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 

岡山県 探偵 興信所 岡山市 倉敷市 津山市

コメント投稿は締め切りました。