遺贈トラブル 金銭問題

遺贈トラブル 金銭トラブル

金の切れ目が縁の切れ目とは言いますが、金が絡むと盗聴や盗撮だけではなくあらゆる手段を使って何とかしようとする者もいます。工作してでも手に入れたいのは、大金だけではありません。少しの金額でも人によっては執着があります。

 

やしきたかじんさん 遺贈金2億 夫人から返還請求

昨年1月に亡くなった歌手やしきたかじんさん(が大阪活性化をねらい、一般社団法人「OSAKAあかるクラブ」の理事を務めていました。この公式ホームページに、たかじんさんの妻、家鋪さくらさんから、遺贈金2億円について、事実上の返還請求があったことを明らかにしたようです。

週刊誌に同理事は「返還請求はなかったが、新法人設立に遺贈金2億円をあてる形で協力してほしいとの依頼はあった」とし、あくまでも「返還請求ではなかった」と話していました。

しかし今回、一転して、返還請求があったことを認める内容を記載しました。

遺贈金2億円については、同クラブが、たかじんさんの遺言に基づき、遺産から2億円を受領したことを、同ホームページで報告し、この日掲載した書面には、たかじんさんの遺言の内容も記載されているようです。

遺言の内容として
「金2億円を、自分が生きてきた証として『たかじんメモリアル』を設立。
大阪のために頑張ってくれた人に対して表彰し、
金100万円から500万円を授与するものとする。
当面の運営は、大阪あかるクラブが行うため、同法人に遺贈する。
運営が順調になれば新法人を設立することを希望する」と記してあります。

 

家庭問題 監視 盗聴 盗撮

家族の中でも遺産相続の際に盗聴や盗撮が行われることがあります。
盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。土日祝日の調査もご相談下さい。出来る限り対応します。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 

コメント投稿は締め切りました。