不正の責任を負わない人が主張する人権侵害

不正の責任を負わない人が主張する人権侵害

世の中には、納得がいかないことを主張しているケースが数多く見受けられます。
義務を果たさずに、権利だけを主張する人も多いですね。
自己中心的な主張というのはいかがなものでしょう。
巨額の税金を不正に利用して世間を騙した人物も人権を主張しているようですが。

 

人権侵害の限りを尽くした STAP

STAP細胞の論文不正問題を特集した番組に理化学研究所元研究員の小保方晴子氏が7月、委員会に人権侵害を申し立てていたようです。
対象となったのは、昨年7月27日放送の番組で、英科学誌『ネイチャー』に掲載された小保方氏や笹井芳樹氏、若山照彦氏らによるSTAP細胞の論文を検証した内容であったそうです。
申立書で、「何ら証拠もないまま、申立人が理研の若山研究室にあったES細胞を盗み、実験を行っていたという断定的なイメージで作られた」として主張したそうです。
また、実験ノートやメールが無断で放送されたことや、取材班から「違法な暴力取材を受けて負傷した」ことなどを訴えています。

 

いじめ 監視 盗聴 盗撮 嫌がらせ対策 電磁波

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。
土日祝日の調査もご相談下さい。
出来る限り対応します。
近隣ご近所トラブルやマンショントラブルのご相談も増えています。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 

岡山県 探偵 興信所 岡山市 倉敷市 津山市

コメント投稿は締め切りました。