危機管理 対策

危機管理 被害

危機管理は重要です。情報収集することで身を守ることも出来るのです。
逆に言えば、情報のないところに足を吹き入れるのは危険だと言うことです。
これは、何を行うにしても同じことだと言えるでしょう。

 

愛媛大生 マダニ被害

3月下旬に愛媛上島町で島の測量実習に参加した愛媛大の学生がマダニに噛まれた可能性があるそうです。
11人のうち3人がダニのような生き物にかまれた可能性があります。
うち2人が発熱するなどして病院を受診していたことが分かりました。

愛媛大によると、重い症状は出ていないが、マダニが媒介する重症熱性血小板減少症候群(SFTS)への感染のケースも想定して危機管理室で情報収集していそうです。

愛媛大広報課によると、実習は学生9人と指導教員の男性教授、男性准教授の計11人が参加していました。
教授は前半で実習を離れたそうです。
実習を終えて帰宅した学生2人が、松山市の病院を受診し、うち1人は受診前にマダニとみられる生物が体に付いていることに気付いて自分で取り除いたようです。

海外ではこのマダニによる影響で有名歌手が先日まで療養していました。対処するのが遅れ、立ち上がることも出来なくなっていたようです。

 

危機管理 盗聴 盗撮 電磁波

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。土日祝日の調査もご相談下さい。出来る限り対応します。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*