研究費搾取 詐欺 

社内トラブル 研究費搾取 詐欺 科学 損害

テクノロジーに関する話題には、興味をそそられます。
特に体に関することには、巨額のマネーも参入する大きな市場が期待されていますね。
スタップ細胞の夢は打ち砕かれましたが、
この研究にかかった莫大な費用の損害を補てんしないのでしょうか・・・
詐欺をしたものに責任を問わないのはなぜでしょう。
不信感を感じます。

 

論文掲載料約60万円返還 STAP論文 小保方氏連絡絶つ

STAP細胞の不正論文問題で理化学研究所は、
元研究員の小保方晴子氏から論文掲載にかかった費用約60万円が返還されたことを明かしました。

イギリスの科学雑誌「ネイチャー」に掲載されたSTAP細胞についての論文投稿費用60万297円です。
理化学研究所が元研究員の小保方晴子氏に返還を求めていたものだそうです。

理研では、弁護士を通じてメールや郵便で返還を請求しており、
今月初め、弁護士から返還の意思表示があり6日付けで全額が振り込まれていたそうです。

STAP細胞の論文では4件の不正が認定されました。
研究自体は実際に行われていたことから、理研は研究費の請求は難しいと判断し、論文掲載料だけ返還を求めていたようです。

理研によると、小保方氏とは直接連絡が取れていないということです。

 

ストーカー 監視 盗聴 盗撮 嫌がらせ対策 電磁波

職場トラブルは大きな損害に発展することがあります。
損害を補てんしなければならないのは、一般企業であれば耐え難い問題でしょう。
理研は、国税なので・・・
不信が募ります。

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。土日祝日の調査もご相談下さい。出来る限り対応します。近隣トラブルやマンショントラブルのご相談も増えています。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 

岡山県 探偵 興信所 岡山市 倉敷市 津山市

コメント投稿は締め切りました。