いじめ 学校 聞き耳

いじめ 学校 聞き耳

小学校で年度初めに行う家庭訪問が変わりつつあるそうです。
以前は、担任教諭に飲み物や茶菓子を出して懇談するスタイルがかつては一般的だった。
しかし、最近では玄関先での立ち話だけで終えことが増え、中にはあえて「玄関先訪問」という名前で案内を出す学校もあるのです。
働く親らに配慮したものであるのだとか。
家の片付けなどに時間を割かなくてもいいよう学校側が気を使っているようですが、
そういう家庭こそ問題があるように感じます。

 

いじめ 家庭問題

今年度から玄関先訪問を始めた学校では、共働きなどで忙しい保護者が増え、家庭ごとに日程調整するのが困難になってきたといいます。そこで最低限、児童の自宅位置だけでも確認し、希望や必要があれば後日改めて訪問することに。

働く親に配慮し「家の中にお邪魔すると部屋を片付けるために仕事を休む親もいる。玄関先なら靴を並べるだけで済む」というのです。
また、家庭訪問自体を一時なくした学校もあります。
家庭訪問の目的は、
・ 緊急時に備えて全児童の自宅の場所を確認
・ 自宅周辺の危険箇所などを把握
・ 児童について個別に話す
などで、時期や手法は各学校長が決めるようです。

 

いじめ 家庭問題 監視 盗聴 盗撮

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。土日祝日の調査もご相談下さい。出来る限り対応します。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 

コメント投稿は締め切りました。