高校教師 奇行

子猫を埋める 高校教師の奇行

恐ろしい高校教師の奇行が問題になっています。
高校の30代の男性教諭が生まれたばかりの子猫を同校敷地内に生き埋めにしていたことが分かりました。
この教諭は目的を告げずに生徒に埋めるための穴掘りを手伝わせていたとみられています。
教諭は学校の調査に対し「親猫が見つからず死んでしまうと思った。どのように対処していいか分からずに埋めたが、配慮を欠いた行為で申し訳ない」と話しているそうですが・・・
教師としてだけではなく、人間としての奇行が伺えます。埋めれば死ぬことも理解できないのでしょうか。

 

奇行教師 千葉県

船橋市の千葉県立薬園台高校で起きたこの問題、生まれたばかりの子猫を少なくとも4匹が同校敷地内に生き埋めにしていたといいます。

同校によると、この教諭は今月6日午前に校内施設内で野良猫が産んだとみられる子猫5匹を発見したと言います。
実習中の男子生徒3人に目的を告げずに、スコップを持ってこさせ、穴を掘らせました。その後は、教諭一人で、生徒が掘った穴に子猫5匹を移して土をかぶせ、生き埋めにしたのです。当時4匹は生きており、1匹の生死は不明だったといいます。

週明けの9日、実習を受けた別の生徒の保護者から同校に「猫が生き埋めにされたようだ」と問い合わせがあり、
同校が10日に教諭に確認したところ認めたため、同教諭に担任するクラスの生徒の前で謝罪させ、担任クラスに入らせない措置を取りました。

同校は13日になって、生き埋めにした場所から掘り起こし、同校敷地内の別の場所に埋葬した。
保護者から14日に連絡を受けていた同署は16日、同校に事実確認を行い、翌17日に埋められた2カ所を掘り起こしたが、1匹分の死骸しか発見できなかったと言います。

 

奇行からくる犯罪

犯罪には前兆があることが多いです。これを見逃すと事件が起こる可能性が高くなります。
社会的な地位が高くても、敬意を払われるような人物でも、表と裏がある人間もいるのです。

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。土日祝日の調査もご相談下さい。出来る限り対応します。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*