航空機事故

事故 事件 謎

ジャーマンウィングスの墜落事故により、乗員乗客150人が全員死亡したニュースは世界中を驚かせました。
大変凄惨な事故です。
この事故では、副操縦士の精神疾患や視力の問題、交際相手との問題など様々なことが分かりつつあります。

 

飲み物に薬物混入か

フランス南東部のアルプスに墜落した独格安航空ジャーマンウィングスのアンドレアス・ルビッツ副操縦士は機長のコーヒーに薬物を入れた疑いが持たれています。機長がトイレに行くように仕向けた可能性が出てきているのです。副操縦士は機長を操縦室から閉め出した状態でエアバスA320型機を墜落させたとみられています。
副操縦士は離陸後、機長にトイレに行くよう促したと伝えられています。

捜査当局は薬物混入の手がかりを見つけるため、ルビッツ副操縦士のパソコンを調べている。当局によると、副操縦士はパソコンを使って自殺の方法や操縦室のドアの安全性を調べていた形跡があったと言います。

副操縦士は2009年に数カ月間、パイロット訓練を中断したことが報じられています。
訓練再開の際に副操縦士は、ジャーマンウィングスの親会社であるルフトハンザ航空のパイロット養成学校に、
重いうつ症状の時期を乗り越えたと話したそうです。
ルフトハンザによると、訓練再開の際に、副操縦士はすべての健康診断や適性検査に合格したようです。

ロイター通信によると、ドイツ連邦航空局(LBA)は9日、適正な手続きを経て副操縦士がパイロット免許を取得したと述べています。

 

トラブル 盗聴 盗撮 電磁波

思考盗聴や音声送信被害に遭っている方は、ささやきに注意しましょう。自己判断を鈍らせることがあります。

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。土日祝日の調査もご相談下さい。出来る限り対応します。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*