ドローン 監視 漫画

ドローン 偵察 監視 盗撮

ドローンによる監視行為や盗撮は、これから増えることになりそうです。
今まだ法の整備が整っていない状況で、先日首相官邸にドローンを墜落させて自首した逮捕された男も、
法の整備が整わない今のうちにと考えていたようです。

 

官邸ドローン事件 容疑者 漫画「ハローワーカー」

首相官邸でドローンが見つかった事件で、威力業務妨害の疑いで逮捕された福井県小浜市の40歳の男のものとみられるブログに、
この男が描いた漫画が紹介されていおり注目を浴びています。
少子高齢化や失業をテーマにしたもので考えさせられるような内容です。

漫画は「ハローワーカー」(全30ページ)と、その続編「禁老区」(全32ページ)の2本です。
「ニコニコ静画」で「Yasprey」という作者名で公開されています。

「ハローワーカー」は、国家が高齢者を殺害し、浮いた予算を子育てに回して少子高齢化を解決することを目的とした「老人駆除法」という法律が存在する「20XX年」の日本を描いた漫画です。
老人駆除部隊は失業者により成り立っており、職探しに困っていた中卒・フリーターの男性がハローワークを訪れて老人駆除部隊にスカウトされ、虐殺に手を染めていく様子を描いている内容です。

「禁老区」はその続編で、首都圏の高齢者の「老人刈り」を完了した部隊が地方に侵攻し、駆除しようとした高齢者に姫路城の天守閣内に逃げられ天守閣から老人駆除法の廃止を訴える――という内容です。
今の世の中を反省させたようなストーリーで話題になっています。

 

嫌がらせ 監視 盗聴 盗撮

この漫画を描いた犯人は、ドローンに福島の砂を搭載させて首相官邸に落下させています。
今の社会問題を主張しているようです。
同感する方も多いのではないでしょうか。

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。土日祝日の調査もご相談下さい。出来る限り対応します。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 

コメント投稿は締め切りました。