無人機 攻撃

無人機 人質死亡

オバマ大統領は23日、人質の死亡を発表した声明を出しました。
パキスタンとアフガニスタンの国境地帯にあるアル・カーイダの施設に標的を定め数百時間に及ぶ調査を行っていたようです。
しかし、人質の存在に気づかなかったと認めました。
人質死亡に至った理由について全面的な再検討を指示し、再発防止策を探る方針を示しました。

 

無人機 攻撃

米紙ワシントン・ポストによると、中央情報局(CIA)は標的の施設に4人のアル・カーイダ要員がいるとみていたようですが、攻撃後、現場からは6人の遺体が運び出されたといいます。その後の調査で米国人人質1人とイタリア人人質1人が死亡したことがわかりました。これについてブレナンCIA長官が先週、オバマ氏に報告したそうです。

オバマ政権は2013年5月、無人機攻撃の指針を定め、「殺害対象の所在を把握し、市民の巻き添えがない」ことを条件に挙げていました。ところが、今回の攻撃では人質だけでなく、殺害目標ではなかった米国人のアル・カーイダ幹部も死亡していました。

 

嫌がらせ 監視 盗聴 盗撮

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。土日祝日の調査もご相談下さい。出来る限り対応します。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*