内部告発のリスク 電磁波トラブル

内部告発のリスク 電磁波トラブル

職場の不正を知ってしまった事から、会社からいやがらせを受けることがあります。会社の不正を暴露する、内部告発はご相談ください。内部告発が原因で立場を失う方が多い事を覚えておきましょう。解雇されては、会社に対する恨みは募る一方です。不満を解消するには時期も大事と言えるでしょう。

 

大王製紙の内部告発者解雇は無効

大手製紙会社の会計処理の問題を内部告発した男性が解雇されています。
懲戒解雇された元課長の男性が解雇無効などを求めた訴訟を起こしていました。
東京地裁は、解雇を無効とし、同社に解雇後の未払い分の給与(月額約31万~51万円)を支払うよう命じる判決を言い渡しています。

判決によると、同社経営企画部の課長だった男性は、タイの現地法人などの決算処理に不正があるなどとする告発状を作成しました。
2013年1月に別の部署への配転命令を受けたそうです。
同年2月には降格処分とされ、別の関連会社への出向を命じられました。
拒否すると、同年3月に懲戒解雇されたため、訴えていたのです。

 

監視 盗聴 盗撮 嫌がらせ対策 電磁波 内部告発

判決で勝っても、会社にとっては不要な存在、かもしれません。
社員を辞めさせたいというご相談もあります。
盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。
土日祝日の調査もご相談下さい。
出来る限り対応します。
近隣ご近所トラブルやマンショントラブルもご相談ください。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 

岡山県 探偵 興信所 岡山市 倉敷市 津山市

コメント投稿は締め切りました。