ネット 書き込み

ネット 書き込み問題

インターネットでの書き込みが問題になっています。
以前からも個人を対象にした誹謗中傷や、嫌がらせ行為に関する書き込みが問題になっていました。

 

楽天市場 「架空投稿で損害」 大阪の会社を賠償提訴

国内最大級のインターネット 通販「楽天市場」で、店舗の口コミ評価をつり上げる架空の投稿をされて損害を被ったとして訴訟が起きています。
運営する楽天が大阪市北区のコンピューターシステム会社を相手取り、損害賠償約1億9000万円を求める訴えを大阪地裁に起こしました。

楽天市場には昨年末で約4万1000店舗が出店しています。
利用客はネット上で商品を注文できます。
商品や店の対応を客が5段階評価で投稿する「みんなのレビュー」があり、商品ごとに扱う店の投稿を読むことが可能です。

大阪のシステム会社は150件当たり8万円の対価で、客を装う投稿を請け負っていたといいます。
楽天が昨年1月以降に調査しており、121店舗の11万件以上の投稿が同社による架空投稿だったとしているのです。

楽天は店舗側に投稿の削除を求めており、応じない店舗とは契約を解除しました。
訴状では「適切なレビューを掲載できず、他の出店者や消費者に公正なサービスを提供できなかった」とし、得られたはずの広告料収入などの賠償を求めています。

 

ネットトラブル

ネットでのトラブルは、年々増える一方ですね。ネットモラルも問題になっています。嫌がらせや誹謗中傷にお困りの方からのご相談や、リベンジポルノ、セクストーション被害も起こっています。情報化社会において、注意することはたくさんあります。注意をしていてもトラブルに巻き込まれることもあるでしょう。アンバサダー調査事務所へご相談ください。

 

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。土日祝日の調査もご相談下さい。出来る限り対応します。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*