野良猫 近隣トラブル

野良猫 近隣トラブル

野良猫だけではありませんが、飼っていない動物に対するエサやり行為が近隣住人との間でトラブルに発展することはよくあります。飼うわけでもないのにエサをやる行為は、無責任だと批判されてもおかしくはないでしょう。責任を負えないことに手を出すのは控えたほうが良いでしょう。

 

野良猫餌やり規制 条例化 京都市

京都市が、野良猫に不適切に餌をやる行為などを罰則付きで禁じる条例案を開会中の2月市議会に提案したことが議論を呼んでいるそうです。
動物のふん尿や悪臭に苦しむ住民がいる一方で、
「適切な餌やりも排除される」
「野良猫が餓死してしまう」など、
市には条例化への疑問や批判を中心に3005通にも上る意見が寄せられたということです。

市によると、2013年度に市民から寄せられた犬猫のふん尿被害に関する苦情は671件ありました。
マナー違反を規制する抑止力が必要ということで条例化の準備を進めてきたものです。

「京都市動物による迷惑等の防止に関する条例案」は、
所有者がいない猫などに不適切に餌を与え、環境を悪化させる行為を禁止するものです。
違反者には市が中止を勧告、命令し、従わない場合は5万円以下の過料を科す反面、
自宅敷地内で行うことや、清掃をする、地域の同意を得るなどの条件を満たせば「適切なえさやり」として、禁止対象にならないとしています。

 

飼わないのに意見する 無責任発言

この問題、エサやりをするぐらいなら責任を持って飼えばよいと思うのです。
義務も果たさず主張ばかりするのは、無責任でしかないと思うのです。
エサだけやって糞尿の始末はしないという行為、近隣住人が不満に思うのは納得です。
このような迷惑行為は、近隣トラブルに発展しかねません。

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。土日祝日の調査もご相談下さい。出来る限り対応します。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*