思い込み でっち上げ事件

思い込み でっち上げ事件

思い込みで判断するのは、間違っています。痴漢は冤罪を生んでしまいます。浮気もそうです。思い込みで物事を考えるのは、妄想です。妄想で人に話をしても理解されることは無いでしょう。妄想に妄想を重ねて何になるのでしょう。訳が分からなくなる、現実逃避。これらは、大変迷惑なことでしかないのです。現実を見ましょう。

 

善意の少年を容疑者扱い コンビニ ビデオ

大分県日田市のコンビニエンスストアで、商品の遊技用カードの袋が破れているのを店に届けた小学生6人を経営者が容疑者扱いしていたことが発覚しました。
この問題では、警察の捜査で別人物が破っていたことが判明しており、店側が謝罪しています。
しかし父母によるとうち1人は一時学校を休んだといいショックは癒えていないといいます。

小学校3年から5年生の6人がこのコンビニで買い物をした際、2つが破られて床に落ち、一部のカードが抜き取られているのを見つけました。そして店員に届けたのですが、翌8日、コンビニの経営者が児童と保護者を呼び出し「破って中のカードを盗んだだろう」と言いがかりをつけたのです。
児童は「何もしていない」と否定したものの、店側は警察に通報しました。
6人は県警日田署で個別に事情を聴かれ、その後、防犯ビデオの分析により6人は無関係であることが判明しました。
事情を知った経営者夫婦や店長ら5人が謝罪したと言うものです。

 

怠慢で二次被害 コンビニ

この事件、防犯カメラが付いているのに確認もせずに何を根拠に泥棒扱いしたのでしょう。結果、謝罪で済ませるものどうかと思います。フランチャイズでは、万引きについての指導はされていないのでしょうか。疑問です。
盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。土日祝日の調査もご相談下さい。出来る限り対応します。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*