アンカリング被害

パブロフの犬 アンカリング

条件反射の機能を上手く利用した心理的な虐待を受けていませんか。
集団ストーカーの被害だと思っていたら、
調査をするとそうでは無かったと言うケースは注意が必要と言えるでしょう。
アンカリングやガスライティングと言った被害は、意外と身近な人物から受けていることがあるのです。

 

薬物依存と条件反射

覚せい剤取締法違反で逮捕され、実刑判決を受けていた元タレントの田代まさしさんが18日、都内で会見をおこない、「芸能界復帰は、いまは考えていない。まずは、自分のために薬物依存から抜け出したい」と語っています。
元タレントの田代まさしさんは会見でこのようなことを述べています。
「薬物依存は梅干しを見たらよだれが出るようなもの」
「まずは自分のために薬物依存を克服したい」

2011年、覚せい剤取締法違反の罪で懲役3年6か月の実刑判決が下されていました。
昨年7月に刑期を終えて刑務所から出所しており、薬物依存症のリハビリ施設で、依存症に苦しむダルクのメンバーの支援を続けていたそうです。

薬物依存の怖さについて、
「梅干しを見たときに自然によだれが出るのと同じ。自分に接触してきた人に薬物を見せられてしまうと、脳が動いてしまって、一回ぐらいいいだろうと思ってしまう」などと説明しています。

 

条件反射に陥らせる

アンカリングされている本人からのご依頼だけではなく、オカシイと思ったご家族や交際相手からご相談頂くこともあります。
なかなか気づきにくいこのアンカリング、長期に渡ることで抜け出せなくなることもあり、早期対策が必要でしょう。
まずは、現状調査を行いましょう。

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。土日祝日の調査もご相談下さい。出来る限り対応します。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*