情報漏洩 対策 リスク モラルの欠如

情報漏洩 対策 リスク モラルの欠如

年金情報漏れ対応に10億円もの金をつぎ込むようです。
だったら、人を入れ替える方が先だと思います。
個人情報をネットでつながなければ良いのではないでしょうか。
ネットにつなぐことでのメリットとデメリット、リスクも考えないといけませんね。
被害者ぶっている年金機構ですが、一般企業ではほぼあり得ません。

無駄金を使うことばかり考えず
それ以前に、人を教育する方が先ではないでしょうか。
一般の会社では考えられないような事をするのが税金で動く人の特徴のように思います。
この国のばかげた金の使い方は、ギリシャ以上かもしれません。

 

情報漏洩 対策費10億

厚生労働省は24日の民主党の会合で、日本年金機構の個人情報流出問題への対応に要した経費が現時点で5億9600万円に上ることを明らかにしたそうです。

機構の専用電話窓口の運営や、情報漏れの該当者約101万人に対する謝罪文の郵送に加え、注意喚起のため新聞に広告掲載するなどしたためだとか。

9月以降に予定している該当者への新たな年金手帳の送付に掛かる約4億円を加えると、少なくとも10億円程度に達する見込みのようです。

 

ストーカー 監視 盗聴 盗撮 嫌がらせ対策 電磁波

年金の個人情報流出問題は、責任追及をしないのでしょうか。
今でも破綻しているとしか思えない年金機構の終わりへのスピード加速がより一層早まったことは間違いないでしょう。

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。
土日祝日の調査もご相談下さい。
出来る限り対応します。
近隣ご近所トラブルやマンショントラブルのご相談も増えています。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 

岡山県 探偵 興信所 岡山市 倉敷市 津山市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*