立証責任 理不尽な訴訟

はみ出されたのに「4000万円」の賠償責任

納得できない訴訟問題が騒がれているようです。
対向車線にはみ出して事故をしたのに、当たられた方に損害賠償を請求するという理不尽な訴訟。
これは、恐怖の証明です。
無いものを証明するのと同じように、〇〇でないことの証明と言う難しいところを無理やりついてきたクレーマーのような内容です。
そもそも、保険の内容であったとしたら保険金が下りているのに、下りない悔しさからからか・・・
取れるところから取ってやろうと言う目論見すらを感じます。

 

証明できない 賠償問題 立証責任

車を運転していたら、対向車線の車が居眠り運転でセンターラインをはみ出し、自分の車に衝突し「もらい事故」で、過失がなかったことを証明できなかったとして、4000万円あまりの賠償を命じる判決が4月中旬に福井地裁で言い渡されて話題になっています。
2012年4月、大学生が運転していた車が、居眠りで運転操作を誤り、センターラインを越えて対向車に衝突しました。大学生の車の助手席に乗っていた男性が死亡しています。この車は死亡した助手席の男性が所有していたものでした。しかし、車の任意保険は家族以外の運転者を補償しない契約だったため、遺族への損害賠償がされない状態だったそうです。
そこで、遺族は対向車側を相手に、損害賠償を求めて提訴していました。

今回の賠償判決を受けて、ネット上では、「本当の被害者は対向車の運転手だよな」「無茶苦茶な判決だ」など、判決を批判する声が出ています。

嫌がらせ 監視 盗聴 盗撮

運転していた男性に賠償を求めないのはなぜでしょう。お金が取れないと判断したのでしょうか。
盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。土日祝日の調査もご相談下さい。出来る限り対応します。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 

コメント投稿は締め切りました。