債権回収 トラブル 回避

債権回収 トラブル 回避

当社も探偵社として様々なご依頼を受けています。
盗聴器発見調査や盗撮器発見調査、電磁波測定調査だけではありません。
あらゆる調査を行いますが、探偵業法に違反するご依頼はお受けしていません。
債権回収を代行など、そもそも探偵に依頼することではありません。
それを、知らずに依頼をしているとトラブルに遭うのです。
探偵社を上手に利用していただきたいです。

 

探偵に依頼できることと依頼できない事

金銭トラブルの解決をうたいながら何もせず料金だけ取るなど、悪質な探偵業者による被害が増えているそうです。

国民生活センターに昨年度寄せられた被害相談は、5年前の3倍近い3146件。
弁護士などにしか認められない債権回収を請け負う違法業者も多いのだとか。

金銭貸借で貸主に代わって借り主から取り立てる債権回収は、弁護士や「債権管理回収業に関する特別措置法(サービサー法)」の許可を得た業者などしかできないことになっており、そもそも探偵業者に依頼することではないんです。

メディアには多くの探偵社がしていると書かれていましたが、実際はそうでもないのでは・・・。

大阪市の業者は、元恋人らへの取り立てを求める顧客に「確実に取り戻せる」などと説明し、10万~40万円を前払いさせたそうです。
しかし、実際には調査すらせず、顧客から催促されると、連絡を絶ったり、逆に追加料金を要求したりしており、同庁は詐欺罪を適用したそうです。

おそらく、調べるだけでこの費用では無理なのではないでしょうか。
引っかかる方にも問題がありそうです。
探偵社は、費用がかかります。費用をかけないで何とかしたいと考えている方には向かないと思います。

債権回収は、弁護士だけでは難しいので、アンバサダー調査事務所では弁護士を入れて勧めます。これ以上に良い解決策はないと思います。

 

強要 監視 盗聴 盗撮

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。土日祝日の調査もご相談下さい。出来る限り対応します。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 

コメント投稿は締め切りました。