知的障害と成年後見制度 障害者トラブル

知的障害と成年後見制度 障害者トラブル

障害者とのトラブルについて語るのは、タブーとされている社会的な風潮があります。
確かに難しい問題ですね。
人権問題が絡むこともあります。
様々な制度もあり、こちらを取ればあちらが成り立たないという言わば天秤のような所があります。
これを理解しない、出来ない所がまた問題になっているようです。

 

「吹田市職員に戻りたい」知的障害男性が提訴 大阪

知的障害などにより判断能力が十分でない人を援助する「成年後見制度」を利用したことで、
吹田市役所の職を失った男性が訴訟を起こしているようです。
市役所という職場への復帰を求めて裁判を起こしました。

訴えを起こしたのは大阪府吹田市の49歳の男性です。
訴状によるとこの男性は、軽度の知的障害がありますが、
9年前パソコン入力などを担当する吹田市の臨時職員として採用されたそうです。

その後も契約更新を繰り返して6年間働きました。
しかし、父親が病気になったため、吹田市から勧められた成年後見制度を利用し始めたようです。

成年後見制度とは知的障害や認知症などにより判断能力が十分でない人に家庭裁判所が援助する人をつける制度です。
判断能力が不十分な人は「被補助人」として、著しく不十分な人は「被保佐人」とされます。
被補助人は公務員になれますが被保佐人は公務員になれません。

家庭裁判所に「被保佐人」と認定されたこの男性は当然、地方公務員法により職員となることは出来ません。
よって、市から契約の更新を拒否され仕事を失ったというのです。

 

ストーカー 監視 盗聴 盗撮 嫌がらせ対策 電磁波

成年後見制度のランクをアップするように吹田市から勧められたのであれば、
この男性に職員としての判断能力が無いという判断を市にされたのでは・・・
知的障害者が市の職員として働いていることにも驚いた方がいるのではないでしょうか。

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務所 電磁波調査課へご依頼下さい。
土日祝日の調査もご相談下さい。
出来る限り対応します。
近隣ご近所トラブルやマンショントラブルのご相談も増えています。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 

岡山県 探偵 興信所 岡山市 倉敷市 津山市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*