空気銃製造 逮捕

空気銃製造

武器などの製造は、何人も行ってほしくはありません。
3Dプリンターの開発からも危機感を覚えた人は多いでしょう。
しかし、そんなものが無くても製造して問題になっています。
危険物の製造は、厳しく取り締まるべきですね。

 

空気銃製造 高1少年 兵庫県

殺傷能力のある空気銃を作成して所持していたとして逮捕されたのは16歳の高校生でした。
兵庫県警は16日、宝塚市に住む県立高校1年の少年を武器等製造法違反と銃刀法違反の疑いで逮捕したそうです。
インターネットで製造方法を検索し、市販の塩化ビニール製の配水パイプを組み合わせて作ったといいます。
兵庫県警は空気銃1丁と、威力が少し劣るとされる準空気銃2丁、
そして金属とネジを組み合わせて作ったとされる弾丸5個を押収しました。

去年6月から同11月に理由のない威力の強い空気銃など3丁を作って、当時住んでいたとされる伊丹市の自宅に隠し持っていたとしています。
少年は容疑を認めているといいます。

空気銃は長さ約2メートルもあり、銃口の直径は約2.5センチ。ガスボンベなど発燃性ガスで発射させる仕組みであったといいます。
自宅で空き缶などを試し撃ちしており「鉄板を撃ち抜く威力があった」などと話しているようです。

 

危険物 製造

自宅の周辺で、危険物を製造していたり、隠し持っている人物がいると思うと不安ですね。

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*