職場のトラブル パワハラ

職場のトラブル

勤労の義務を負う日本の社会では、生活保護の不正受給でのうのうと生き延びている人がいる一方で、勤労に明け暮れている人もおおいのです。
セクハラやパワハラ、マタハラなどに悩まされつつも、毎日職場で頑張るあなたを応援します。

 

大阪府教育長 部下へ パワハラ問題

大阪府の44歳の教育長は11日、大阪府教育委員会の臨時会議で教育長の辞職を表明しました。
職員らへのパワーハラスメントや威圧的言動を大阪府教育委員会の第三者委員会に認定され、
「組織のトップとしてけじめをつけなければいけないと思った」「現場に迷惑をかけており決断した」話しています。
また2月に大阪府立高校入試でミスがあったことにもふれ、
「『トップがしっかりしていないから』と因果関係をとられてもおかしくない」と話しています。
知事には伝えており、知事も同意する見通しのようです。

そして、職員へのパワハラを認定した第三者委の報告書については「真実が反映されていない」と言う声があるようです。
第三者委が2月20日に公表された報告書の中では、意見が異なる職員4人に配置転換や解職をほのめかし、
41歳の女性教育委員に罷免要求をちらつかせたとしています。

 

パワハラ問題

パワハラ問題は、至る所で起こっています。無意識にパワハラを行っているケースも少なくなく、職場のモラルが問われる時代です。

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。土日祝日の調査もご相談下さい。出来る限り対応します。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*