証拠隠滅

証拠隠滅

証拠の隠滅は、犯人の特定を妨げるには必須でしょう。
本来目に見えない大気汚染や放射能、電磁波などの被害も立証が難しいとされています。
しかし、これらは測定を行うことで目に見える形になるのです。
諦めずに証拠の収集を行いましょう。

 

証拠隠滅 多摩川 中学生殺害事件

川崎市の河川敷で中学1年の男子生徒が殺害された事件がおこりました。
この事件で亡くなった男子生徒の携帯電話がなくなっていることが分かりました。
警察は、犯人が証拠隠滅のために持ち去った可能性があるとみて調べているようです。

河川敷で遺体が発見された13歳の上村遼太君は、中学1年生でした。
川崎市の多摩川の河川敷で、刃物で刺されるなどして残忍な手口で殺害されているのが見つかったのです。
上村君の携帯電話が現場の周辺や自宅などから見つかっていないことが新たに分かりました。
上村君の友人によると、殺害されたとみられる時間帯に、上村君の携帯電話からLINEでメッセージが届いていたといいます。
こうしたことから、警察は、犯人が証拠隠滅のために携帯電話を持ち去った可能性があると考えられます。

 

証拠収集と証拠隠滅

何かのトラブルや被害を訴えるためには第三者が納得できるような裏付けとなる証拠が必要です。
加害者側は、証拠の隠滅を図ります。
それに対して証拠を集めるていくのです。
大変なことです。
裏付けになる証拠は、ネット情報ではありません。
被害と関連した物でなければならないのです。

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。土日祝日の調査もご相談下さい。出来る限り対応します。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*