少年犯罪

狩りに行く 窃盗

少年法が問題になっています。
未成年の凶悪犯罪から少年法が見直されようとしています。
少年法を知ったうえで行われる犯罪も増えているのが現状です。
細かく年齢で定められていることから、このラインはセーフ、アウトなどと知ったうえで犯行を行われることがあり議論を読んでいます。

 

「狩りにいくか」 窃盗容疑

窃盗の疑いで逮捕されたのは、16歳の無職の少年と男子高校生でした。
東京都府中市のゲームセンターで80歳の女性に話しかけ、気をひいたすきに現金が入ったバッグを盗んだとして少年2人が逮捕されています。
逮捕されたのはいずれも16歳の無職の少年と男子高校生でした。
警視庁によると、この少年らは去年9月、府中市のゲームセンターで、メダルゲームをしていた80歳の女性に「このゲームはどうやるんですか?」などと声をかけて気をひき、約1万8000円が入ったバッグを盗んだ疑いがもたれています。
少年らは容疑を認めており、「狩りにいくか」などと連絡を取り合っていたそうです。

警視庁は、少年らが去年5月以降、置き引きや万引きなどを45件ほど行った可能性があり調べています。

 

少年 窃盗

未成年の事件は、後を絶ちません。先日起こった川崎市の中学生殺害事件や去年日本中に衝撃を与えた長崎の女子高生が同級生を殺害した事件。これは、「殺したい」欲求があったと言うことで以前にも兆候が見られたようです。また、人を殺す練習をヤギで行おうとした少年もいるようです。このような事件からは、少年法の見直しもやむを得ないのではないでしょうか。被害者の遺族を守らず、加害者の更生に力を注ぐことに納得がいかない人も多いでしょう。取り返しの付かないこともあるのですから。

 
盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。土日祝日の調査もご相談下さい。出来る限り対応します。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*