集団ストーカー

集団ストーカー 不特定ストーカー

集団ストーカー対策
集団ストーカー対策

電磁波測定調査、盗聴器発見調査、盗撮器発見調査のご依頼者様の不安としてよく挙げられれるのが「集団ストーカー」の問題です。
集団ストーカーと言う言葉を聞きなれない方もいらっしゃると思います。
これは、職場や近所、同窓生、特定の団体、宗教など特定の集団からストーキングされるたり、不特定多数の人物から行われることもあります。大人だけではなく、子どもなども疑わしい場合があります。
外出先で監視されたり付きまとわれることが多く、中にはスマートフォンやタブレット端末などで撮影されてしまうこともあります。シャッター音やサイレン、ドローンやヘリコプター音などが合図になっているという方もいます。外出が苦痛になりひきこもりがちになる方もいます。
また、集団ストーカー被害と思考盗聴が複雑に絡んでいることもあります。
目的がはっきりしない集団ストーカーの問題は、多くの被害者を困惑させているのです。

ストーカー対策お問い合わせはコチラから

 

集団ストーカーについて

集スト対策
集スト対策

集団ストーカーによる嫌がらせは、些細なことの積み重ねです。
例えば、
・外出先で監視される。   ・タイミングよく出てくる。
・行き先を先読みされる。   ・外に出ると、さっと隠れる。
・行動を邪魔される。   ・ゴミを置かれる。
・車で尾行される。   ・車のナンバーが特徴的。
・チラチラ見られる。   ・目が合うと、そらす。
・噂をされる。   ・些細なことも報告される。
・悪口を言われる。   ・家の中を覗かれる。
・行動を把握される。   ・電波を使って攻撃される。
・撮影される。   ・ほのめかし   ・耳鳴り
・生活すべてを監視される。
・盗聴される。・盗撮される。   ・電磁波攻撃
・パソコンやスマートフォンを操作される。
・ヘリコプター音   ・バイク音   ・サイレン音

誰にでも起こりうる行為ですが、このようなことが1度だけではなく、何度も続くようであれば集団ストーカーを疑った方が良いでしょう。頻繁に起こるようならば注意が必要です。

不特定ストーカーの対策方法はコチラ

集団ストーカーによる嫌がらせ

人が何人も変わって四六時中監視されることもあり、プライベートが無いという声もあります。
どこに居ても、ストーカー行為を行われるため、集団で行われるストーカー行為と言う意味で「集団ストーカー」と呼ばれる被害になったのです。
盗聴や盗撮、監視されていることに気が付いたら調査を行うことをお勧めします。
その際には、盗聴器発見調査盗撮器発見調査だけではなく必ず電磁波測定調査もご依頼ください。

また、この集団ストーカー被害はガスライティングである可能性も考えられます。よって、現状調査無しでのご相談はお受けできません。まずは、あなたの身に起こっている現状調査をご依頼ください。
※ガスライティングについてはページを作っていますのでコチラをお読みください。

ストーカー調査依頼はコチラから

集団ストーカー 対策

集団ストーカーの被害は、第三者には分かりにくいものがほとんどです。
家族に言葉で伝えても理解されない、警察が関与するにも要件が揃わないなど
第三者にも理解できるような証拠が必要でしょう。

集団ストーカー被害者の方が、事件を起こすことがあります。毎日のように行われる嫌がらせは、精神的にも辛いものです。また、理解されない腹立たしさもあるでしょう。しかし、被害者である方が、事件を起こしたり攻撃的になってはいけません。そうなるように仕向けられている可能性もあります。イライラさせられる気持ちは分かりますが、犯罪を犯さないように対策を行いましょう。アンバサダー調査事務所へご相談ください。

お電話でのお問い合わせはコチラから

まずは、調査を行い現状を把握することから始めましょう。

集団ストーカーの対策も現状を把握することから導き出せます。こまめに証拠を集めてそれらを精査する必要があります。

電磁波測定調査 盗撮器発見調査 盗聴器発見調査のご依頼は、アンバサダー調査事務所 電磁波調査課までご依頼ください。その他の調査もご相談ください。

土日祝日の調査もご相談ください。出来る限り対応させて頂きます。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。無料相談はしていません。

お電話でのお問い合わせはコチラから