テロ対策の強化

テロ対策の強化

衆院の本会議で、イスラム過激派組織「イスラム国」(IS)による日本人の人質事件を非難する決議を全会一致で採択しました。
決議はISによるテロ行為に対して「いかなる理由や目的によっても正当化されない」と批判しています。
「わが国と国民はテロリズムを断固として非難するとともに、決してテロを許さない姿勢を今後も堅持する」と強調しました。
海外に渡航する方にとっては、たいへん不安があると思います。

 

日本人の人質事件

イスラム国が後藤健二さんと湯川遥菜さんを殺害した悲しい結果となった、日本人人質事件。この事件から、決議では、「非道で、卑劣極まりないテロ行為」として非難の声が多く出ていました。
中東地域への支援を今後また拡充するという安倍晋三首相の方針に従い、
「中東・アフリカ諸国に対する人道支援を拡充し、テロの脅威に直面する国際社会との連携を強め、これに対する取り組みを一層強化するよう政府に要請する」
などと公表しました。
これに伴い、海外の在留日本人の安全確保に政府が万全の対策を講じるようも求めています。

先日起こった日本人人質の悲劇をふまえ、
「関係各国がわが国に強い連帯を示し、解放に向けて協力してくれたことに深く感謝の意を表明する」とし、
人質2人の救出を支援したヨルダン政府などに謝意を示したのです。

 

テロ 危険

このような政府の発言からも、これから起こる可能性のあるテロに備えてさまざまな対策が取られるようです。
また、秘密保護法も制定されていることから、われわれ一般人には分からないこと、知らされないことがたくさん出てくるのでしょう。
日本の安全が脅かされることになったのは、事実です。
この責任、誰がどうとるのでしょうか・・・

 

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*