転倒訴訟

転倒訴訟

有名餃子チェーン店で40代の女性客が床の油で滑り、膝を強打して重傷を負ったそうです。
運営する王将フードサービス(京都市)に約2500万円の損害賠償を求めた訴訟があり、
王将側が原告の女性に解決金100万円を支払う内容で和解していたことが分かりました。

 

転倒 訴訟

女性側は訴訟で、王将の店の床がインターネット掲示板やグルメ情報サイトなどで「よく滑る」と指摘され、「滑りやすいことは有名だった」と対策の不備を主張していたようです。

訴状では、平成24年11月、家族5人で餃子の寝屋川の店舗に行っており、従業員の案内で席に向かって数歩歩いたところ、右足が前方に勢いよく滑り、左膝を強打してしまいました。
病院に救急搬送されたが左膝を複雑骨折する重傷で、最終的に左膝が動かしにくくなる障害が残ったそうです。

女性側は「床に油分が存在していたことは間違いない」とし、王将側がマットを敷くなど予防措置を講じる義務があったと訴えていました。

これに対し、王将側は同店では防滑性の床材を使用し、従業員が毎日床を清掃しているほか、月に1回は専門業者が床を洗浄していたと強調しています。
また、転倒したのは調理場の油が飛散するような場所でもなく、「過失はない」と反論していました。

 

盗聴 盗撮 電磁波 被害

この問題、他の方は、けがはされていないようです。
雨の日の濡れたタイルなども、滑りやすいですし難しい問題ですね。
滑りやすい事が周知されているなら、気を付けるべきでしょう。

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。土日祝日の調査もご相談下さい。出来る限り対応します。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*