ネット投稿 脅迫

ネット投稿 脅迫

川崎市川崎区の多摩川河川敷で同区の中学1年、上村遼太くんの遺体が見つかった事件。
この事件は、世間を大きく騒がすニュースとなりました。
13歳と言う幼すぎる命がこの世から無くなるには、様々な問題が背景にあったことが伺えます。

 

ネット 犯人捜し 脅迫

この上村遼太君殺害事件の発生直後からインターネット上では「犯人捜し」が行われるようになっていました。
事件と無関係の人物が「犯人」と名指しされる事態も起きたようです。

その一人となった女子中学生は、名前や写真などが知らぬ間にネット上にさらされた。
見知らぬ人から誹謗中傷を受けることになった女子生徒のツイッターには、脅迫まがいの言葉が届くようになったそうです。
ネット上では、既に複数の人物が「犯人」と疑われており、この女子生徒はその知人と誤解されたようです。

突然の脅迫メールに混乱する女子生徒は、自身のツイッターで「私じゃない」と説明をしても、
「しらばっくれんな、死ね」などと暴言は止まらなかったのです。

女子生徒は、恐怖心などから反論を書き込んでいましたが、その直後からさらに、女子生徒のツイッターには「死ね」「住所も学校も特定してるから」「殺す」といった脅しが届くようになったといいます。

 

顔写真 既に流出

ネット上の画像は、完全消去は困難です。
多くの人が、ネット上の画像をキャプチャーして保存したり、拡散させているケースもあります。
早期の対応が、望まれるのです。

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。土日祝日の調査もご相談下さい。出来る限り対応します。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*