ペン型盗撮カメラ 嫌がらせ

嫌がらせ 盗撮

集団ストーカーの被害を訴える方の中にも「盗撮」の不安があると思います。
最近では、外に出るとどこかしらの防犯カメラに姿を取られ、
街に出るとスマートフォンやタブレット端末などで撮影されてしまう・・・
個人情報があっという間にネット上に乗せられてしまう時代になりました。
FacebookなどのSNSの流行りも重なって、プライバシーが守られにくい状態です。

 

盗撮 小型カメラ ペン

盗撮で24歳の男が逮捕される事件が起こりました。
奈良県大和高田市内にあるコンビニエンスストアの男女兼用トイレに男が侵入し、
入り口の角に積まれていたトイレットペーパーの間にペン型カメラを差し込みトイレ内を撮影したとされています。
奈良県宇陀市榛原長峯の会社員の男は、建造物侵入と軽犯罪法違反容疑で逮捕されました。
カメラが設置された直後にトイレに入ったコンビニの女性店長が異変に気づき、警察に届け出たようです。
カメラには設置角度などを調整する容疑者本人とみられる映像などが記録されていました。また、駅のホームなどで撮影したとみられる動画が記録されていることから余罪があるとみて調べています。
男は「性欲を満たそう」としてコンビニ個室トイレにペン型カメラ設置したと供述しているようです。
プライバシーの侵害どころではありません。

 

盗撮マニア トイレに隠しカメラ

この事件では、小型カメラを設置した直後とありますが、本当のところはどうなのでしょう・・・
盗撮画像が残らないように、電波を使って外部に画像や映像を飛ばしている盗撮マニアもいます。
同様に盗聴もこのような機械を使用して離れたところから情報を収集している場合もあります。
盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*