盗撮器発見調査

盗撮器 大阪 京都 滋賀 神戸 岡山 広島

アンバサダー調査事務所 電磁波調査課へのご依頼では、盗撮器発見調査もご依頼いただけます。
盗聴器発見調査、盗撮器発見調査を電磁波測定調査とご一緒にご依頼いただけます。
盗撮器が仕掛けられることで、さまざま情報が外部に流出します。
個人画像、プライベート映像が盗撮されることで起こる被害は大変なものです。
女性だけではなく、男性からのご依頼も増えています。
無線で情報を飛ばす機材も増えており、盗撮被害に気付きにくくなっています。

電磁波測定調査や盗聴器発見調査とご一緒に盗撮器発見調査もご依頼ください。

お電話でのお問い合わせはコチラから

 

盗撮被害 こんな所に盗撮カメラ 電波盗撮

盗撮器も盗聴器と同じく日々進化をしている機材です。
小型化や高性能化が進んでいます。
仕掛けられやすい場所としては、盗聴器と同じような場所が挙げられます。コチラを参照してください。
照明器具や文房具、OA機器、ベッドルームやトイレ、浴室に仕掛けられるケースも多くあります。

プライベート画像を収集したり、ネット上にアップしたり、同じ趣味の者同士で交換し合う者もいます。
また、盗撮画像はアダルトサイトなどのアフェリエイトに利用されることもあります。

情報収集が目的の場合は、企業の機密情報スパイ行為浮気不倫、不正行為の証拠収集として盗撮器が仕掛けられたり、
ストーカー行為の一環として行われている場合もあります。

外出先では、スマートフォンやタブレット端末などを利用して盗撮されることもあり、盗撮かどうか白黒が付きにくい事もあります。

盗撮器発見調査はコチラから

 盗撮器発見調査の必要性

盗撮の恐ろしいところは、二次被害の可能性が高いところです。
特に女性のケースに多いのが、下着姿や裸の画像を盗撮されると言う羞恥的な被害です。
この画像がインターネットに出ることで起こるリベンジポルノ被害やセクストーション被害は、年々増加の傾向が強いのです。
また、一旦ネット上にアップされた画像は誰が目にするのか見当が付きません。家族や職場、交際相手が目にする可能性もあるのです。
キャプチャー画像として保存されることもあります。そして保存された画像がネット広告に使われてしまうこともあります。アダルト画像は拡散しやすいので、二次被害も起こりやすいと言えるでしょう。早期対策が望まれます。盗撮器発見調査をご依頼ください。

画像のトラブルはコチラから

盗撮ハンターによる恐喝トラブル

盗撮被害を目撃して、見逃す代わりに金を要求するトラブルが起こっています。盗撮犯は、警察に突き出されることを恐れて応じてしまうケースもあるようです。新手の脅迫で、美人局などのトラブルと同じように水面下で行こるトラブルです。

電磁波測定調査 盗撮器発見調査 盗聴器発見調査のご依頼は、アンバサダー調査事務所 電磁波調査課までご依頼ください。土日祝日の調査もご相談ください。出来る限り対応させて頂きます。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

岡山県の探偵、興信所は、アンバサダー調査事務所

お問い合わせはコチラから