盗撮カメラ 福井

盗撮カメラ 福井

盗撮マニア、盗聴マニアの存在は迷惑極まりない行為です。
福井県で女子トイレ侵入の疑いで池田町職員が逮捕されました。
越前署によると盗撮目的でビデオカメラ設置したと言うことです。

 

盗撮マニア 福井 越前市

福井県警越前署は、盗撮目的で職場の女子トイレに侵入したとして、42歳の男を逮捕しました。
建造物侵入の疑いです。
福井県池田町総務政策課職員と言うことです。

逮捕容疑は9日14時から12日18時半ごろ、盗撮目的で、池田町役場2階の女子トイレに侵入した疑いがもたれています。

警察によると、この男は和式トイレの内側に、小型ビデオカメラをテープで貼り付けていたといいます。
カメラはの大きさは長さ約6センチ、幅約3センチ、厚さ約1・5センチと言うことでした。
女性職員がカメラに気付き、総務政策課に報告したことで事件が発覚しました。
池田町は警察に相談し、署員が現場を調べるなどしていたところ、午後7時半ごろ容疑者が警察に出頭してきたといいます。

警察では、実際に盗撮が行われたのかどうかや動機などを調べているようです。

 

盗撮マニア 盗聴マニア

盗聴や盗撮のマニアは大変多く、どんどんエスカレートしていくようです。
機材を揃えたり、よりリアルな音や映像を求めるようにエスカレートしていくのです。

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。土日祝日の調査もご相談下さい。出来る限り対応します。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*