カメラに映る 不審男

カメラに映る 不審男

街には、至るところに監視カメラがあり、不審者を監視しています。
このカメラが事件や事故が起きた時に犯人捜査に役立っています。
監視行為だけではなく、防犯につながっている面もあるのです。

 

カメラに不審な男

京都や奈良など各地の寺や神社で油のような液体がまかれているのが見つかった事件で、
9府県計33カ所で被害を確認したことが分かっています。
各府県警は文化財保護法違反や器物損壊容疑で捜査をおこなっており、防犯カメラの画像解析や液体の鑑定などを進めています。

各地の寺社で油のような液体がまかれている事件で、被害に遭った奈良県平群街の信貴山朝護孫子寺(しぎさんちょうごそんしじ)の本堂の防犯カメラに写っていた不審な男に似た男が、奈良県明日香村の長谷寺と岡寺、飛鳥寺のカメラにも写っていたことが分かりました。
4寺を含む奈良県内8寺社でまかれた液体は同種であると判明しています。
奈良県警は同一人物による犯行の可能性もあるとみて、文化財保護法違反などの容疑で捜査しています。
信貴山朝護孫子寺で3月下旬に撮影された映像で、カメラを首から下げたフード付き上着姿の男が、本堂前の賽銭(さいせん)箱付近で手をかざすなど、不審な動きをする様子が写っていたと言うことです。

 

嫌がらせ 監視 盗聴 盗撮

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。土日祝日の調査もご相談下さい。出来る限り対応します。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*