別れ話のもつれ 殺害

別れ話のもつれ 殺害

別れ話のもつれは、ストーカーやリベンジポルノ、セクストーションなどの二次被害に発展することがあります。最悪の結果は、命に係わる問題に発展することです。
私情のもつれの中でも男女間の色物に関しては、恨みに変わりやすく危険が伴うことが多いのです。

 

元交際相手殺害 被告に懲役17年 横浜

交際していた当時21歳の女性を殺害したとして、29歳の男が罪に問われています。
殺人と銃刀法違反の罪に問われた横浜市保土ケ谷区の無職の男の裁判員裁判の判決が横浜地裁であり、
裁判長は懲役17年(求刑懲役18年)を言い渡しました。

「被害者から別れを告げられて未練を断ち切れず、強い不満を募らせた」と犯行の動機を認めています。
殺害ではナイフで全身に50カ所以上の傷を負わせた行為について「被害者が感じた恐怖や苦しみは想像を絶し、危険性と執拗(しつよう)さが際立つ」と指摘しました。

男の弁護側は「被害者を脅そうとしただけで、計画的な殺意はなかった」と主張したものの、
「殺害も考えながら自らの思いをぶつけることを考えていた」と計画性があったことを認めたようです。

判決によると、公園内駐車場で女性をナイフで何度も突き刺して重傷を負わせ、
そしてさらに横浜市の自宅内に運び込んで別のナイフで突き刺し、女性を失血死させたと言うことです。

 

交際トラブル 思い通りにならない

人を殺しても、自分の気持ちが晴れることは無いでしょう。それでも殺意が起こるには何らかの別の要因があるのかもしれません。侮辱や屈辱からくる復讐などの心情が働くことも考えられます。亡くなった人には何も言えないので、真実は分からないのです。

 

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*