webカメラで丸見え

ウェブカメラ ネットで丸見え

キャプチャー画像被害でも問題になっているウエブカメラですが、日本においても問題が明るみになりつつあるようです。最近では、ほとんどのパソコンにウエブカメラが付いています。使用したことが無い方も、付いているかどうか確認しておきましょう。使っていなくても使われている可能性もあるのです。パソコンの前で着替えたりすると、こっそり見られているかもしれません。

 

ウェブカメラ 盗撮

インターネットでつながるウェブカメラが問題になっています。
パスワードを設定するセキュリティー対策がとられていないことから、
商業施設や住宅の映像・音声を第三者がネット上で見たり聞いたりできることがわかりました。
カメラを勝手に操作されたケースもあったといいます。

ウェブカメラも含めインターネットにつながる全ての機器にはIPアドレスがあります。
日本国内には9千万以上あると言われています。

調査対象の結果セキュリティーがかけられていない35%の約770台のうちのほとんどが防犯や監視用として設置されていたと言います。
レンズの対象と状況から本屋や美容院、飲食店、スーパーなどとみられるものが多かったようです。
中には、事業所の従業員控室、幼い子どもたちがいる託児所のようなものもあったのだとか。

 

身近な盗撮 カメラ ウエブカメラ

誰もが盗撮を恐れる時代ですね。盗聴や盗撮された情報を被害者が知ることはほとんどありません。
自らが対応を取るしかないのです。

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアンバサダー調査事務 電磁波調査課へご依頼下さい。土日祝日の調査もご相談下さい。出来る限り対応します。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご相談はお控えください。お答えしておりません。
※当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*